ハクビシンの親子 幹の後ろに立っているハクビシン
家に侵入

ハクビシンやアライグマは家や畑を荒らすという意味で人間に甚大な被害を与える事があります。
しかしながらハクビシンは鳥獣保護法が適応されているため、一般人が捕獲した場合には罪に問われます。
アライグマも外来生物法によって捕獲が禁止されており、アライグマとハクビシンはどちらも捕獲するために資格が必要です。
そのためハクビシンやアライグマの被害に悩んでいたとしても、駆除する際には専門家に依頼する必要があるのです。
これが最大とも言える注意点で<自分では駆除しないこと>は徹底しなければいけないのです。
ハクビシンやアライグマはどちらも家屋に進入することがあるので、自宅への侵入を防ぐための措置をとる必要があります。
軒下や屋根の隙間から入り込むことが多いので、こういった部分を木やモルタルで埋めるなどして隙間を無くす必要があるのです。
畑などに進入する場合には罠を仕掛けるという方法が有効です。
ハクビシンやアライグマの好物をおりの中にしかけるなどして捕獲し駆除するという流れは以前から有効とされています。
自分で駆除ができないことはもちろんですが、おりなどの設置も禁止されているため、駆除目的であってもおりを設置することは避けるべきと言えます。
ハクビシンやアライグマは知性があり賢いため、駆除の罠を知っていることもあり、罠やおりの設置には最新の注意が必要です。
駆除業者に任せたほうが良いうというのは、このような専門知識が必要な部分も関係しているのです。

あらいぐま

害獣と呼ばれる動物は、イノシシやクマ、カラスなどが昔から有名ですが、現代社会においては害獣の種類が増えてきました。
なぜ増えているのかというと、自然が破壊され、野生動物たちが暮らす森や林が無くなってしまい、人間が住んでいる場所まで食料を求めて頻繁にやって来るようになったからです。
ですから、シカやサル、ハクビシンなども害獣として扱われるようになったのです。
さらに、海外から持ち込まれたアライグマは国内のいたる場所で繁殖し、害獣の仲間入りをしているのです。
イノシシやクマなどは、ワナを仕掛けて捕獲するか、猟銃で駆除することになりますが、これには狩猟許可を取る必要があります。
また、ハクビシンやアライグマの駆除の場合でも同じです。
ですから、ハクビシンやアライグマを自分たちで駆除する場合、狩猟許可を取らなければいけません。
ハクビシンやアライグマは、民家の屋根裏などに棲みつき、糞尿公害やハエなどの衛生害虫の発生で問題になっています。
そして、ハクビシンやアライグマを効率よく駆除するためには、彼らの習性を知ったうえで行う必要があるのです。
ですから、狩猟許可を持った専門の害獣駆除業者に依頼すると良いのです。
ハクビシンやアライグマのような害獣の駆除とは、彼らの侵入口を見つけ出し、そこを塞ぐことが重要になってきます。
そして、害獣駆除業者ならば、ハクビシンやアライグマの捕獲もしてくれるのです。
そうすることで、彼らが再び戻ってくることは無くなります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031